妊娠

流産と切迫流産「原因」や私が経験した「症状・手術」などまとめ

更新日:

私は数年前、妊娠初期に胎嚢の確認できたのですが、赤ちゃんが成長できず、流産をしてしまいました。とても悲しかったです。

そこで、流産・切迫流産とは何なのか・原因・症状・入院になった時の様子などを自分が経験したことも踏まえてまとめてみました。

スポンサーリンク





雫1

流産・切迫流産とは

流産とは

妊娠22週未満に妊娠が終わることを「流産」と言います。

妊娠22週以降に出血や下腹部痛など、流産の兆候がある状態になった場合は、「切迫早産」と呼びます。
切迫早産については下記で詳しく説明しています。

切迫サムネ
切迫早産とは「原因」や「入院時の体験談」などまとめ

初めての妊娠では「お腹の張り」ってどんな感覚なのかよくわからないと思う方も多いと思います。 私もお腹が硬くなってる時があるような気がするなぁとなんとなく思いましたが、それが「お腹の張り」なのか何なのか ...

流産の原因

妊娠の早い時期(12週未満)に起こる流産の原因のほとんどが、赤ちゃんの染色体等の異常です。
受精の時に決まっていて、運動や仕事で無理をしたことなど母体側の原因では無いようです。
逆に12週以降では、母体側が原因(病気・冷え・重労働・過度のアルコール摂取・薬物使用など)の可能性もあるようですが、原因不明の場合もあるようです。

流産の種類

稽留流産

胎児はお腹の中で亡くなっている状態で、出血・腹痛などの自覚症状がない状態です。
入院して手術で子宮内容物の除去を行うようですが、自然に排出される場合もあるようです。

進行流産

出血し子宮の内容物が外に出てきてしまっている状態で「流産」の状態のことを言います。
【完全流産】と【不全流産】に分けられます。

【完全流産】とは

子宮の内容物が全て出てしまった状態です。

【不全流産】とは

出血や下腹部痛などが続き、子宮の内容物が出始めているが、一部が子宮内に残っている状態です。
手術で子宮内容物の除去を行うことが多いようです。

切迫流産とは

切迫流産とは、流産になりかかっている状態のことを言います。
出血や下腹部痛・お腹の張りなどの症状がみられます。
流産は妊娠が終わってしまいますが、切迫流産は妊娠が継続する可能性があります。
妊娠の早い時期(12週未満)の切迫流産は多くの場合が原因不明で、出血などがあった場合でも有効な薬はないので
夜間など救急で病院に行ったとしても、「安静にしてください」と言われたりします。

妊娠と流産【体験談】

白い花1

初めての妊娠

結婚後、私たち夫婦はなかなか子供を授かる事ができずにいました。
夫は子供が大好きで、私の姪っ子ともよく遊んでくれて、
早く二人の子供ができると良いねと楽しみにしていました。

ある日、生理が遅れ(普段は遅れる事がほとんど無かったので)検査薬を試してみると陽性でした。
夫に伝えると最高の笑顔で涙を流して、喜んでくれました。
普段は泣かない夫が、結婚式以来、二回目の涙でした。
初めての妊娠で、喜びでドキドキしながら病院に行き、妊娠検査薬が陽性だった事を伝えました。
診察が終わりすぐに「おめでとうございます」と言ってもらえるものだと思っていました。
しかし、先生や看護師さんの対応は何とも言えない感じでした。
「赤ちゃんの袋は見えますが、また2週間後来てください。まだ、おめでとうございますとは言えません」
と言われ、なんでそんな事を言うのだろうとモヤモヤしましたが、そういうものかと思いその時はよくわかりませんでした。

2週間後

2週間して病院に行きましたが、エコーの写真に変化が無く、赤ちゃんの袋の大きさもほとんど同じ大きさでした。
妊娠初期は赤ちゃんがどんどん成長していく時期なので2週間という間でも大きさに変化が無いという現実はとてもショックでした。
少し茶色の出血のようなものもありましたが、様子を見ることになりました。

自分が想像していた妊娠との違い…。
様子を見るって何?出血していても大丈夫なの?
わからない事だらけで不安に押しつぶされそうになりました。
そして別の病院でも診てもらう事にしました。少量の出血がある事も伝えました。
しかし、別の病院でも同じような事を言われて帰ってきました。

出血・下腹部痛

その後、さらに出血しはじめて、こんなに出血するなんておかしいと思い病院に行きました。
下腹部も生理のような痛みがしていました。
先生に「進行流産で、大量出血した場合は命の危険もありますので入院してください」と言われました。
「入院中に、出血とともに出てきた内容物も確認します」と。

入院

それからバタバタと入院の手続きに入りました。
出血があった日の夜に入院して、翌日手術をしてその日は帰らず、病院で夫に付き添ってもらって寝る事にしました。
(付き添いは原則ダメなのですが、特別な場合は許可が出ます)3日間の入院でした。

手術の為に「ラミナリアという棒のようなもので子宮の入り口を広げる処置をしました。
激痛だと噂されていたので不安でしたが、想像よりは痛みは感じませんでした。

すごく、悲しかったんだと思います。
今でも正直、思い出すと辛いです。

手術

子宮内容除去術という手術でした。
先生から「お腹の赤ちゃんも、お母さんもよく頑張ったよ」
「このままだと出血が止まらなくなったりして危険だから、もう出してあげよう」と言われました。

涙が止まりませんでした。

手術は全身麻酔だったので、時間の感覚などは全くありませんでした。
麻酔をかけて、数を数えているところまでは覚えていますが、そのあとは夢を見ていたような感じでした。
不思議な白と黒の幾何学模様の中にいる様な。

そして、麻酔の影響かずっとしゃべっていたようです。

結婚して自分が変われた事。
夫のおかげで変われた事。

私は料理が苦手で嫌いでした。
でも、夫はどんなに失敗していても美味しいと言って食べてくれる。
作る喜びを知り、どうやったら美味しく作れるか勉強し始めました。

子供に関しても、絶対に欲しいとは感じていませんでした。
つわりや出産・陣痛の痛みなどが怖くて妊娠する事自体から逃げている部分がありました。
でも夫と結婚して、この人の子供が欲しいと思いました。
夫の優しさや人として尊敬できる部分がたくさんあり、信じる事ができると思えたからでした。
それなのに…ごめんね。
私が妊娠する事から逃げてたせいだね。
赤ちゃん、苦しかったかな、ごめんね。
赤ちゃんに、会いたかったね、ずっと楽しみにしていたのに、ごめんね。

同じ事をグルグル考えてばかりいました。

そして、夫の名前を呼び続けていました。
何度、呼びかけても返事は無かったです。
何で、いないの?そばにいるよね?
何で…?ここは、どこ?何をしていたんだろう…。

必死に考えました。
そして、目が覚めました。

夫は側にいました。
ずっと堪えるように、涙を流して。

何で、返事してくれなかったの?と聞くと
看護師さんに「麻酔の影響でしゃべる人もいるけど、返事はしないで下さい」
「返事をすると現実と夢とかごっちゃになるから」
と言われた様でした。

たしかにそうでした。

あの時、返事があったら、私はずっと夢の中にいたかもしれません。

術後

終わって目が覚めてからは吐き気と目眩がしてしばらくは起き上がれませんでした。
食事が出ましたが、食べれませんでした。

精神的に不安定だった事もあり、夫に付き添ってもらいその日は病院で眠る事にしました。
ほとんど眠れず朝を迎えました。

退院

たった3日でしたが、とても長く感じる3日間でした。

看護師さんには「今回は残念だったけど、次があるからね」
「早期の流産は、お母さんのせいじゃないから」
「今度は妊娠してまた戻って来てね」
など色々声をかけていただきました。

流産を経験して思ったこと

いつか
ずっと、永遠にこの悲しみは消えないです。

妊娠に対してマイナスイメージがもともと強かった私は、更に怖くなり前に進めなくなりました。
もし妊娠してまた同じ事になったらと思うと怖くて怖くて仕方ありませんでした。

「次の事なんて考えられない、もう無理なんだ」

夫は沈み込む私を、優しく見守ってくれました。
「二人でいよう、寂しかったら(私の大好きな)猫を飼えば良い」

私は、妊娠が分かった時の夫の笑顔がずっと心に焼きついていました。

子供が好きな事も結婚する前から知ってたよ。
小さな子供が横断歩道をヨチヨチ歩いているのを見て、かわいいと嬉しそうに言ってたよね…。

それでも、私は無理だと思ってしまいました。

こんな自分なのに、責める事も無く側にいてくれる夫。
子供の事は一切、何も言わずに待ってくれている夫のご両親。
本当に感謝です。

しばらくは前向きになれませんでした。
気がつくと4年経っていました。
自分が甘えていた事で、たくさん心配もかけました。
どのくらい経てば前向きになれるかなんて、分からないしずっと前向きになれないままかもしれません。

でも、私は夫や夫の家族・周りの人に恵まれて、前を向くことができました。
そして、一歩踏み出しました。
不妊治療を経て、子供を授かる事ができました。

子供の顔を見ていると、なんでもっと早く前向きになれなかったんだろうかと少し後悔します。

でも、その時間は私には「必要な時間」であったことも事実です。

どんなにゆっくりでも前に進もうと思う気持ちが大切だと思います。

こんな私の体験でも少しでも何かのきっかけになればと思い書いてみました。
ここまで読んでいただきありがとうございました。







-妊娠

Copyright© MAMAniNARU , 2018 All Rights Reserved.